忍者ブログ
絵とか文のBL2次創作サイト(純エゴ、トリチア、バクステの話が多いです)
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ツイッターで#タイトルの由来(所以?)みたいなタグを見かけて面白そうだからやろうかな~と思ったものの、同人の話ほぼしてないツイッターよりブログでやる方が正解だなと思ったので昔出した本のタイトルの話をします。

・100エーカーの純情
くまのプーさんの100エーカーの森からですね。
鈴木さん→くま→プーさんていう連想ゲームでウサギさんのことをクリストファーロビンだと思ってる節があります。

・2年参りでつかまえて
誰が見てもわかるライ麦畑のもじり。
なんか2年参りっていう言葉を使ってみたかったんだと思います。

・唐獅子純情伝
愛エゴの浴衣回で野分に唐獅子牡丹の浴衣着せてるの天才か~~~!と思って唐獅子牡丹をモチーフに何か書けないかな…と思って書いた、タイトル先行型ですね。
下調べとかあんまりしなくてフィーリングで書く適当な人間なので唐獅子が刺青の意匠としてよくあるのかどうかは知らないです。
あとは幕末純情伝のもじりでもある。

・7 Stories
サリンジャーのナインストーリーズのパロで短編9本入れようとしたんですがネタ出しが間に合わなくて7本になりました。
ただライ麦もそうだけど別にサリンジャーに思い入れがあるわけではない……。
あと「TORI」が文字列に含まれてるという後付けがあります。

・サニーサイド・アップ
目玉焼きの焼き方のことなんですが、すれ違いが続くややネガティブな展開の前編「CLOUDY SIDE」とお互いの気持ちを確かめあうことができた後編の「SUNNY SIDE」というタイトルの付け方はかなり気に入ってます!
タイトルを考えついたときはラストシーンはトリが目玉焼きを焼いてくれるんだなっていうのもすんなり思いつきましたし笑。

・女難の相が出ています
そのまんまだ!
トリと女性キャラオールスターのてんやわんやというコンセプトがあったので。

・羽鳥芳雪妄想七番勝負
元ネタは柳生十兵衛七番勝負ですね。
ギャグとかほのぼのに漢字が多めの固い字面のタイトルをつけるのが昔から好きなんだと思います。

・恋が実りて夏となりぬる
なんだろう……たぶん語感は「恋ぞつもりて淵となりぬる」だと思います…。
トリチアが結ばれたのが夏なので恋人として成熟した二人にまた夏がやってきたって感じのニュアンスですね。

・リル・ダーリン
再録集のタイトルが全然うまいこと思いつかなくてその時聞いてた曲からお借りしました。
https://www.youtube.com/watch?v=qToCjGfua5g

・But, Happy birthday
これもけっこう難産タイトルだ……。
千秋が自分の自意識と葛藤しながら恋人としてトリの誕生日を祝う、みたいな雰囲気を出したかったんだと思います。
もうちょっとスマートなタイトルつけられたかなあと思ったりもするんですが、タイトルって降りてくるときとこないときがありますよね。

・ヒロさんとヒロさんの恋人の俺とヒロさんの幼なじみの宇佐見さんとその同居人の少年
長過ぎてピクシブのタイトル欄に収まらなかったやつ。
元ネタは竜馬の妻とその夫と愛人で、タイトルにヒロさんという言葉をできるだけたくさん入れようとした結果です。

・ばら薫る花の谷間に
たまたま雪の女王を読んでてその中に出てきたこの一節がとても美しくていいなあと思ったので、雪の女王をモチーフにミステイクを書こうと思ったのでした(薫、ばら、という単語でミスだ!と思った)。
借りてた本だったので本編を書いてた頃には手元になく、本文中の引用は青空文庫のを引用した覚えがあります。

・@Shogo19xx0408
元ネタのあの人のツイッターアカウント名を見よう!


同人誌って作り始めてからイベントまでずっと頭のどこかでそのこと考えてるので、何年も前なのにけっこう覚えてるなあと思いました。
なんか個人誌のレビューみたいになって楽しかった!



拍手[4回]

PR
羽鳥芳雪の場合2が夏に発売ですと!!????
わーーーーい!!おめでとうございます!!!
えーーまさか2巻出してもらえるとは……嬉し過ぎる……。
ちなみにめちゃくちゃ個人的なことなんですが発売予定日が自分の誕生日なんですよね。
去年の誕生日にもトリチアが発売されてたし……公式に認知されている……(?)

都先生がトリのことすごい好きだから小説のトリチア好きなんですよね。
前に雑記で書いた通り、現在米国在住なので読むのは発売日よりあとになりそうなのがちょっと悔しいですがでもでも楽しみ!!

(追記)
アマゾンって国外発送にも対応してるんですね。
タイムラグはありそうだけどよかったー!

拍手[9回]

書こう書こうと思っててすぐこの話忘れるんですけど、トリの場合のラストの話(シャワールームで抱き合ってるやつ)で前髪かきあげてるのめっちゃよくないですか。
挿絵には反映されてないですけど、二人して前髪あげて抱き合ってるかと思うと…ハーーーーー……ってなります。


拍手[7回]

拍手ありがとうございます!!
過去の記事にも推していただけてすごく喜んでおります…!!


折りたたんでちょっとだけ個人的な話




拍手[8回]

発売日からちょっと経ったのでそれとなく折りたたまずにネタバレしていきたいと思います。
(そろそろいいよね!?)


トリ視点で丸々一冊読んで思ったんですが、トリは少し千秋の性欲を低く見積もりすぎなのでは…と思いました。
自分が施してることに対して千秋が快感を感じてることはちゃんとわかってるんですけど、自分が理性を吹っ飛ばしてやって初めて千秋から求めてくる…と思ってる節があるのではないかと疑っています。
でも千秋はトリに色々されてどうこうというより前に普通にトリに対して性的欲求を感じていると思うんですよね。
でもトリはそれを信じていなさそう!そういうところだよ!
トリのそういうところが好きなんですけれど!
や、トリが千秋に快楽を感じさせることに対して自分はズルい的な罪悪感を感じているっぽいので、そんなことないよ、千秋は千秋でトリにそれなりに抱かれたがってると思うよと言ってあげたいのですがトリは信じなさそうという話でした。
そういえば感想で言い忘れてたんですけど、千秋の「すき、きもちいい」に(!?!?!?!?)ってなりませんでした!?
あっ、千秋ってちゃんと言ってくれるんだ!?!?!ってびっくりしました……びっくりして三回くらい読み直してしまった……。


拍手ありがとうございます~。
またお返事させてください。





拍手[5回]

今日更新しすぎすいません。


トリの場合は公式からの答え合わせだのなんだの騒いでましたけど、トリの場合読んだ方(ネタバレなんで)この記事読んでもらってもいいですか?
http://hakujoso.blog.shinobi.jp/%E6%84%9F%E6%83%B3/%E6%84%9F%E6%83%B3%E2%80%A6#more
トリチア4巻が出た時の感想なんですけれど、これの答えが出てきたの嬉し過ぎた!!!!
まあそんなに難しい推理じゃないのかもしれないですけど5年越しの答え合わせなんだよ~~わんわん





拍手[3回]

拍手ありがとうございます!!
念願の新刊なのにトリおめでとうの一言だけしか残してなくて逆に申し訳ない感じです……。
あと過去の記事でも拍手押してくださってとても嬉しいです。
今回の新刊ラッシュの実態を実はまだきちんと把握しきれてないのですが、千秋の場合はコミックサイズの新装版+描き下ろし漫画…という認識で合ってますかね??
トリの場合が新作なのは知ってます!
しっかしトリの場合まじ破格の待遇すぎませんか。
都先生がトリ好きだからね!知ってたけどね!
これいつも又聞き情報で申し訳ないんですがセカコイの構想はトリから始まったという話がインタビューであったと聞いてるので、トリの待遇がよくても別段(なんで!?)とは思わないのすごいですね。
ただただ嬉しいだけだよ。
でも落ち着いて考えると将来の約束までしてしまったトリチアにこれからどういう進展が訪れるのでしょうか。
柳瀬の場合……ウッ私はなにも聞こえない……。
非常に自分勝手な言い分ではあるのですが柳瀬にはずっと千秋を好きでいてほしいので、その場所からできれば動いてほしくないな…というすごく残酷な願望があるのです。
たぶん新作を読めばなるほどーーーってなるとは思うんですが(桐横がそうだったよね)(横澤さんには高野さんのことをずっと好きでいてほしいっていうやつ)
トリチアに関してはなにも心配はしてないけど柳瀬に関しては考えると動悸が止まりません。
発売日のゲットして即黙々と読むというトリチア4巻発売日のようなことをやるかと思うと今からドキドキします。
ちなみにトリチア4巻発売日は家まで我慢できずに学校のトイレでおまけ漫画だけ読むということをやったのを思い出しました。
エロ本かよ。






拍手[3回]

イベント



リンク
ログ倉庫
(別窓で開く)

ssとイラストの倉庫です。


通販はこちら
profile
HN:
じろぎ
性別:
女性
自己紹介:


成人です。

リンクの切り貼りはご自由にどうぞ。


twitter


pixiv
アーカイブ
ブログ内検索
 ・゚・。・ ゚・。・゚・ 。・゚・
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © はくじょうそう All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]