忍者ブログ
絵とか文のBL2次創作サイト(純エゴ、トリチア、バクステの話が多いです)
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
やっと買えました!
主に描き下ろし部分の感想ですが、でも久しぶりに3巻以前のお話読み直してなんだか新鮮な感じになりました。





拍手[15回]

PR
柳瀬の場合の話しかしてなかったのでこっちも書きました!
短いお話だったので感想も短めで……。



拍手[7回]

ハイ、読みました。
千秋の場合新装版は文庫1+2巻+書き下ろしでトリの場合(小説)+描き下ろしで柳瀬の場合(漫画)、なんですね。
とりあえず柳瀬の場合にグワッとなったので感想です。





拍手[11回]

続き読みました!!

あとここで返信してすみませんなんですけど千秋の場合も買いましたよ~!
コメントありがとうございます。
これから読みます!


取り急ぎトリの場合の感想書きに出てきたので書いたら千秋の場合読んできます。






拍手[8回]

まだNo.1しか読めてないんですけど、これは耐えられねえと思って出てきました。
いや~~~~はや~~~~





拍手[15回]

いやあまさかバレンタイントリチアSSが読めるとは思わなかったですね。
(ご存じかとは思いますが公式ツイッターで画像で投稿されています)
なんだよ~、トリなんだかんだ言って昔っから千秋の作ったもの食べれてるじゃん!というのが最初の感想でした。
片思いはつらかろうとは思いますが、十分千秋の特別だったんじゃん?と思ってしまってごめん。
千夏ちゃんが当て馬のようでちょっとかわいそうとは思いましたけど、でもトリってそういう男だよなあとも思います。
トリに食べてほしくて千夏ちゃんは作ったってわかってるわけじゃないですか。
そんで千秋もそれに協力させられてて、そして千秋は別にトリのことが恋愛対象として好きなわけじゃない。
千秋も若干モヤモヤしてるっぽいですが一応妹のためにトリに食べさせようとしてる。
けどそれをぜーーんぶわかった上で「バラさなきゃバレないだろ」っつって千秋が作った方だけを食べるトリ!!!
そういうトリのことが好きだよ!!!!!
トリに言われてそれもそうかっつって千夏ちゃんが作った方を食べる千秋も千秋ですが、彼が無神経大王なのはみんな知ってることだからな。
トリは健気で一途なんですけれど、千秋のことに関すると途端にエゴイズム剥き出しにしてくるのたまんねーなって思いました。



拍手[4回]

行ってきました。
なんかチケットすごい競争率だったみたいですね……。
岡本くんも平川さんも人気あるからなあ。
絶賛ラブステ中なので、平川さん!!玲!!ってテンション上がりました。

内容は原作通りなのでネタバレとかそういうのも特にないんですが、ただただ泣きました。
正直しばらく原作読んでなかったし、原作読んで泣いたのもよく思い出してみると黒田月島の話くらいなので油断してたら泣かせにきましたよ。
第一話の葉月・小太郎、第二話の壱様・ゆず、という二本立ての二本とも泣いちゃってびっくりしました。
もうほんと最近二次元離れが久しいというかおっかけばっかりしてたので失礼な話、二次元に泣かされると思わなくて……最低な感想だよ……。
けっこう漫画とか読み飛ばしちゃう性質なので、アニメでちゃんと筋を追うとクライマックスの高まりが凄かったです。
個人的に平川さん葉月の迫力ある色気というか、小太郎に対する思いの鬼気迫る感じに泣かされました。
愛とか恋とか、そういう言葉じゃ片づけられないんだよな~。
小太郎は葉月じゃないとダメだって言ったのだから!
まあ第一話泣いたから第二話大丈夫だろうとタカをくくってたらこっちも全然大丈夫じゃなかったです。
ゆずがぼろぼろ泣いてるところにつられた…。
アニメで一話・二話という形で見せられると、葉月・小太郎組と壱様・ゆず組の対比がよくわかるなって思いました。
ダメダメ当主な小太郎の葉月がすくすく優秀に育って、優しくて真面目で頭もよくて素晴らしい人物である壱様のゆずが全然育たないっていう。
ゆずがもらえなかったものを、小太郎は全部葉月にぶつけてきたんですよね、きっと。
そして月並みな感想ですが、ダメダメな小太郎だけど最後まで葉月のことをあきらめないところがいいところですよね。




拍手[2回]

イベント



リンク
ログ倉庫
(別窓で開く)

ssとイラストの倉庫です。


通販はこちら
profile
HN:
じろぎ
性別:
女性
自己紹介:


成人です。

リンクの切り貼りはご自由にどうぞ。


twitter


pixiv
アーカイブ
ブログ内検索
 ・゚・。・ ゚・。・゚・ 。・゚・
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © はくじょうそう All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]